投資にかかる手数料、無料で済ませる方法は?

fssss 投資を行う場合、意外とネックになる点として「手数料」があります。通常の引出等に比べ手数料システムが煩雑であるため、知らないうちに手数料がかさむことも少なくありません。できるだけ手数料を安く抑えるポイントを知っていれば、より快適に投資を行えます。

<<ATM→銀行口座に入金する場合>>
「住信SBIネット銀行」なら、セブン-イレブンにあるATMを利用すれば手数料がかかりませんし、一日中いつでも利用できるので便利です。次点としては、「ゆうちょ銀行」はゆうちょATMでの手数料を無料としています。ただしATMを利用できる時間内のみとなっており、サービス内容や利用可能時間はATMによって異なります。24オプションでは国内銀行送金が使えたりもします。

<<銀行口座→証券口座に入金する場合>>
利用している口座のサービスをチェックしてみましょう。証券口座で手数料無料としており、なおかつ「即時入金サービス」に対応している銀行があれば一番です。

「みずほ銀行」「ゆうちょ銀行」「三井住友銀行」等の大型バンク、またネットバンクの主流である「楽天銀行」「ジャパンネット銀行」であれば多くの場合対応「即時入金サービス」に可能となっています。

なお「住信SBIネット銀行」であれば、月に3度までの入金は手数料無料としています。また同銀行の「SBIハイブリッド預金」は銀行口座と証券口座を連動させるシステムとなっているため、2口座間の切り替えが即時に無料で行えます。

同様のシステムとしては、「楽天銀行」が楽天証券との口座を連動させる「らくらく入金」サービスを行っています。XMは違法ではなく、利用ができる設定になっています。

<<証券口座→銀行口座に出金する場合>>
ほとんどのネット証券では、出金手数料は無料です。
例えば「住信SBIネット銀行」の場合、上記の「SBIハイブリッド預金」を使っておけばいつでも何度でも無料で出金できます。

「楽天銀行」の「らくらく出金」サービスも同様に無料なのですが、手続き後の反映が即時ではないのがネックと言えるかもしれません。

<<銀行口座→ATMで出金する場合>>
出金についても「住信SBIネット銀行」ならば、セブン-イレブンATMでいつでも手数料無料で手続きを行えます。
手数料が無料のものとしては「ゆうちょ銀行」もありますが、ATM利用可能時間内に限定されます。

■ネット証券ならその他の手数料も無料!
殆どのネット証券では、口座の開設費や維持費、年会費や管理料に至るまでを無料としていますから、無駄な出費をせずに投資を行えます。各種情報ツールも殆ど無料で提供していますから助かりますね。反対にネット証券ではない総合証券の場合、諸々の手数料が意外と多くかかることもありますから、よく確認しておく必要があります。

海外の会社

海外の会社というのは入出金が難しいと言われており、特に海外のバイナリーオプションは注意しなければなりません。海外では集金を目的としている所があり、明らかに出金対応をしない所が増えています。こうした会社は利用しないで、安心できる会社のみを選んでください。

FXだと安心できる所も多いのですが、バイナリーオプションはどんどん増えているので非常に難しいと思います。とにかく安心して取引をしたいなら、まずは国内という選択肢が望ましいです。

おすすめページ

FX関連

当サイト基礎情報