FX取引で利益を伸ばす秘訣

 FXでは相場を利用して投資取引を行っており、その為替差損益を求めていくために、レートの変動の如何によっては大きな損失を被ったり、利益をつかんだり、という事が起こります。

FXでの取引には、外国為替市場の為替相場のレート変動を利用しているために、世界中に点在する為替市場をインターネットなどで連携した仮想電子市場であるこのレートの動きは、各国の銀行や企業、それに個人投資家などが参加することによって発生しているものであるために、その動きを完全に予測することは、事実上不可能となっています。

こうしたことから、FX取引ではこれによって発生する損失を最小限に抑えるため、自ら損失を含んで決済し、それ以上の被害の拡大を防ぐ「損切り」という取引手法について多く語られることがあります。
しかし、その損切りと同じように、利益をどれだけ大きくつかんていくのか、という事も大切なことになります。

相場を利用した投資取引など、人間が不安定な利益要素に遭遇した場合には、利益が小さく損失が大きくなるという傾向があります。

これは、利益が出た場合は、その利益を確実に手元にしたくなるために、小さくとも取り込む傾向があり、また損失が出た場合には、その損失が無くなったり利益に変更されるのではないかという期待をもって、決済を行わなくなるからです。

この人間心理に則った取引きを行っていくと、自然と利小損大の形になり、取引きの成功率は高くなるものの、利益率が落ちて損失ばかりが増えていくという傾向に陥ります。
これを無くし「利大損小」にしていくためには、損切りを行って「損小」を目指すことはもちろんですが、利益を大きくなるまで待って「利大」にしていく努力も必要になります。

利益を大きくするためには、まずはじっくりと相場を待つ決心を持つことが肝心になります。
利益が伸びていったら、その伸びからどのぐらいまで逆に戻ったら利益を取り込むのかを決めておくといいでしょう。
この時のポイントは、損切りを行うための損失の値の、2倍から3倍を設定しておき、それを上回っている限りは、レートが利益方向に動き続ける限り我慢することが必要です。
これだけを守っておけば、どんなに利益とは逆方向に戻ってしまったとしても、損切りの2倍から3倍の利益を得ることができるので、必ず利大損小となるからです。

こうしたことを、意識的に行っていくうちに、利益を待つという感覚が出来上がっていきますので、そこまで来たら、あとは相場の具合などによって、利益確定のラインを変更していくのがよいでしょう。

また、予約注文である逆指値注文を利用し、利益が上がったらその相場の少し下に注文を指し入れて、また相場が上がったら注文を指し換えて、という具合にしていくのも、相場が下がった時点ですぐに大きな利益を確定できるので、お勧めの取引手法になります。

海外の会社

海外の会社というのは入出金が難しいと言われており、特に海外のバイナリーオプションは注意しなければなりません。海外では集金を目的としている所があり、明らかに出金対応をしない所が増えています。こうした会社は利用しないで、安心できる会社のみを選んでください。

FXだと安心できる所も多いのですが、バイナリーオプションはどんどん増えているので非常に難しいと思います。とにかく安心して取引をしたいなら、まずは国内という選択肢が望ましいです。

おすすめページ

FX関連

当サイト基礎情報