オルタナティブ投資で稼ぐ

fsdf8ikksss 投資というとお金を貸すといった具体的なイメージがつくかと思いますが、投資と言ってもかなりの種類の投資の方法があります。その数多くある中で、今回はオルタナティブ投資を紹介したいと思います。

オルタナティブ投資とは?

オルタナティブ投資とは、ヘッジファンド、純金や不動産等を投資の対象にしていて、リスクを持つ運用対象をいろいろ組み込んで投資を行う方法のことをいい、代替投資とも呼ばれることもあります。株や債券以外の資産に投資する方法か、あるいはハイローオーストラリアのバイナリーなど特殊な取引をする投資というような考えだと分かりやすいのではないでしょうか?

純金や不動産はデフォルトに確実に対処できる

日本に限った話ではありませんが、ほとんどの先進国の国が、お金という紙やコインを使って経済を回しています。お金に価値があるのは、誰かが決めたからで、国や時代が違えば、人々が価値があると決めているものは違います。昔は、物々交換であったり、貨幣が貝や骨という時代があったのです。現代は、お金を基準としていますが、お金以外に純金や不動産に価値をおいています。

これらは、現金と違ってデフォルトに強いです。通貨は円安や円高、インフレやデフレといった要因で、価値が激しく変動しますし、最悪デフォルトで、貨幣自体に価値がなくなってしまう場合だってあります。しかし、純金や不動産は、世界が破滅でもしない限り、価値はゼロにはなりません。ですので、仮に日本がデフォルトで貨幣に価値がなくなってしまって、新しく貨幣ができたとしても、純金や不動産があれば、新しい貨幣に交換することができるのです。

デフォルトや有事に確実に対処できるのがオルタナティブ投資の最大の魅力です。とはいえ、そんなに頻繁に国がデフォルトになるわけでもないので、全財産が3000万円あたりを越えて、余裕が出てきてからはじめても遅くはないでしょう。デフォルト自体なかなか起きるものではないですし、全財産が3000万円あたりを越えてから意識するのでも、遅くはないでしょう。

純金・不動産以外のオルタナティブ投資

昔は、オルタナティブ投資と言えば、純金や不動産に投資するといったイメージが強かったですが、インターネットが普及してからは、投資の種類に幅が出てきました。しばしば以下のような投資法は、オルタナティブ投資というよりは、デリバティブ投資(金融派生商品投資)と言われます。

これらの投資法は必ずしもデフォルトや有事に対応できるわけではないので、注意します。

海外の会社

海外の会社というのは入出金が難しいと言われており、特に海外のバイナリーオプションは注意しなければなりません。海外では集金を目的としている所があり、明らかに出金対応をしない所が増えています。こうした会社は利用しないで、安心できる会社のみを選んでください。

FXだと安心できる所も多いのですが、バイナリーオプションはどんどん増えているので非常に難しいと思います。とにかく安心して取引をしたいなら、まずは国内という選択肢が望ましいです。

おすすめページ

FX関連

当サイト基礎情報