他の投資にはないFXの魅了とは!

fssdf78iss 投資といったら王道なのがFXです。FX(Foreign eXchange)とは外国為替証拠金取引の略です。簡単に説明しますと、世界中の通貨を売買して利益をだす取引のことをいいます。例えば、1ドル110円のとに10万ドル買うとします。円安により1ドルの価値が120円になった時に売却すれば、12万円になりますので、1万円の利益になります。

FXを始めるには

FXを始めるには通常、証券口座とFX口座を開設する必要があります。FXに特化した取引業者を使う場合は、FX口座の開設だけで大丈夫です。ただし、FX口座は本職や資産のある人でないと通らない場合がほとんどです。中には無職でも口座を開設できるものもありますが、種類が限られてしまいます。FXで口座を開設するのであれば、本職についている時にしましょう。

FXは金銭的な信頼がないとできない

また、FXは信用取引に似た性質を持っています。信用取引というのは、業者側との信頼関係が高ければ高い程、その分お金を借りて投資に使うことができる取引のことをいいます。

FXも同様、信頼度によって、取引できる金額が決まってきます。その額はなんと、自己資金の200倍まで使うことが可能なFX業者もあるのです。信用取引が3倍くらいの上限ですので、それと比べるとかなりの資金を運用することができることが分かりますね。因みにFXの信用度は、FX口座に預けられているお金の量によって決まります。

FXが他の投資と違うところは

FXでは普通の投資とは違って、以下の2つのことができます。

    空売り

    レバレッジ

空売りとは、株を保有していないのに、株を売ることができます。証券会社から株を借りて、それを売ることができるのです。レバレッジは、先ほど説明したように、証券口座にあるお金を担保として、資金の何倍もの取引ができるます。資金があまりなくても、資金以上の取引ができるのはFXの魅力であり、世界中にFXを浸透させた理由でもあります。

FXはリスクが高い?

「FXは危険」や「FXはリスクが高い」といったことが良く言われていますが、それは、空売りやレバレッジが原因で植え付けられたイメージでしょう。確かに、資産の何倍ものお金を借りて、投資に失敗したら大変です。ですが、お金借りて投資するのが危険であって、決してFX自体が危ないというわけではありません。普通に外貨預金と同じように、FX口座にお金を入れておくことで、為替差益を狙ったり、外貨の高金利によるスワップ金利を狙えばいいのです。

為替差益とは、最初の方で説明しました、レートの差によって生まれる利益です。また、スワップ金利とは、2国間の金利の差によって生まれる利益のことをいいます。

最安の手数料で24時間取引できる外貨預金

FXでかかる手数用は、多くの金融週品と比べて、売買手数料や為替手数料が非常に安くなっています。そういった特徴がありますので、外貨のお金おを預金する口座をFXの口座にしている人が多くいます。外貨の預金は手数料が多くかかるためです。FXの口座を投資に使うわけではなくて、そういった使い方もできるのです。

また、普通にFX投資で外貨のお金を使用する場合もかなり役に立ちます。手数料が安く済む分、投資にお金を使うことができますので、利益が上がりますね。

海外の会社

海外の会社というのは入出金が難しいと言われており、特に海外のバイナリーオプションは注意しなければなりません。海外では集金を目的としている所があり、明らかに出金対応をしない所が増えています。こうした会社は利用しないで、安心できる会社のみを選んでください。

FXだと安心できる所も多いのですが、バイナリーオプションはどんどん増えているので非常に難しいと思います。とにかく安心して取引をしたいなら、まずは国内という選択肢が望ましいです。

おすすめページ

FX関連

当サイト基礎情報